まとめて良かった!

ショッピングモールに行けば「カード作りませんか?」、ガソリンスタンドでも「カード作るとお得ですよ!」と、ついつい色々なクレジットカードを作ってしまい、買い物の度に何社かの違うカードを利用…毎月の返済で利息が無駄に感じてしまい、一気に返済してしまいたい!と思ったものの、返済する程の貯金もなし。
そんな時におまとめローンの存在を知り、これなら何社に利息を払うよりも断然お得!と思い活用することにしました。

カードローンを複数利用されている方が利用するとメリットが大きいローンになります。全ての借入を1社に集約することにより、返済をやすくしなり、金利の関係で利息も下がる場合があります。
参照:おまとめローン比較ランキング.com

他社のカードローンの返済も済み、おまとめローンの一社のみの返済に。それ以来、無駄に何枚も作ったクレジットカードは用途に合わせて2枚程度のみ使用することにしました。

ポイントが貯まるお得感に惑わされて無駄に何枚もクレジットカードを作ったのは若気の至り?あの時、おまとめローンで清算していなかったら、カードローン地獄に足を踏み入れてたかもしれません。

どこでもカード勧誘があり、気軽にカードが作れて、使えて…そんな時代だからこそ、利用する時は計画的にしなければいけませんね。

多重債務に悩む人にとっては、有効なものです

多重債務に悩んでいる人は多いと思われます。

そして、私も含めこういった人たちは自分か抱えている債務の金額も正確にわかっていないことが多いのです。こうなると、もはや返済は難しいこととなってしまいます。

複数の借り入れがひとつにまとめられれば、まずは返済金額がはっきりとわかるようになります。これだけでも、返済はしやすくなると思われます。
また返済金額がはっきりとわかれば、返済計画も立てやすくなります。そして、完済も目途も立つようになるのです。

自分の返済金額をはっきりさせれば、返済しようという気持ちも高まると思われます。
多重債務というものは、悩んでいるだけでは、なんの解決にもなりません。
まずは、返済金額をはっきりさせ、返済計画を立てることが必要だといえますね。

絶対落札したかったのでキャッシングしました。

ネットオークションで長年欲しかったものを発見。
すぐに入札しました。気が付いたのはその後です。今月まったくお金がありません。

ネットオークションはキャンセルも可能です。ですが、その品物が数年かけてようやく見つけたものです。今手に入れなければ次に出会えるのはまた数年後、最悪一生出合えないかもしれません。もしかしたらプレミアが付いてさらに高くなり、出会えたとしても私には買う事の出来ない金額になっている事もありえます。

ですので、なんとしても手に入れなければとキャッシングする事にしました。
もし間に合わなかったらどうしよう、そう考えながら申し込みました。

ですが、結果は数時間で審査結果が届き、次の日には融資してもらえるということでした。

その後オークションも無事終わり入金を済ませ、昔から欲しかったメーカーのパイプを眺め満足感に浸っていました。

デート代の為に借金を始めました。

私は、自動車関係の会社で働きながら夜間の大学へ4年間行ってました。
しかし、親の会社が倒産したり、働けない時期もあり、二人の妹や家族のために家にお金を入れざると得ない時もありました。したがって、大学のみんなとの飲み会や、彼とのデート代は消費者金融からお金を借りて出していました。

彼の家は割りと裕福なほうでしたが、年上の私がデート代のほとんどを出していました。カラオケやファミレス程度しか行けませんでしたが、それでも重なるとけっこうなお金がかかりました。

何年か経つと4社から150万ずつも借金があり、大学を卒業してからも借金は返せず、もう他の消費者金融も借りれなくなりました。債務整理も考えてますが、次から消費者金融で借りにくくなると思うとそれも慎重になってしまいます。
大学の頃から何度も職業を変えましたが、職業を変えれば変えるほど条件は悪くなり、収入は減る一方です。しかも、利子ばかり返している状況で借金も全然減りませんでした。

今もATMが夢に出てきます。

生活費のため消費者金融を利用しました。
はじめての♪とCMをやっている某会社を利用しようと思い、個室ATMに入りました。

オペレーターの女性の声はとても優しくそれが逆にとても怖く感じました。
自動で鍵を閉められたことも怖く感じた要因だと思います。
結果的にそちらでは審査がおりず、隣にある個室ATMでなぜかすんなり審査が通り30万ほど借りました。

身分証明だとは言え免許証が機械に吸い込まれるときの不安や、簡単に30万円のお札が出口から出てきたときの情景は今思い出すとトリハダが立つほどです。

向こうもご商売、こちらはあくまでも客のはずなのですが、他人様にお金を借りているという図式がぬぐえず、何をするにも後ろめたさとの戦いでした。

銀行系カードローンのデメリット

銀行系カードローンは一度審査が通りカードが発行されてしまえば何時でもATMで引き出しができるという大きなメリットが付いてきますが、大してそれ相応のデメリットも存在します。

まずひとつは審査が厳しいという点です。銀行系の場合は私営の金融業者よりも平均して審査基準が厳しいとされており、安定した収入という条件の中に正社員であることなどが条件に含まれている事もあるようです。そのため審査通過率が低いというのが欠点です。

そして何時でも利用ができるという事は何時でも返済不能に陥ってしまうリスクを伴っているということでもあります。借り入れについてしっかり管理できる方であれば元々そういう心配も無いのかもしれませんが、管理が苦手な方がカードローンを利用できるというのは非常に危険で、その結果自己破産に至っている件数も年々増加していると言われています。

金融系のコマーシャルでも良く「ご利用は計画的に」とありますが、まさしくそのとおりなのです。